オーナーの声
  • TOP > 
  • オーナー様の声(O様)

マンション投資を実践したオーナー様の声

FILE NO.04 経済的自由と時間の自由の確保のために

O様 47歳

職業:教員

経済的自由と時間の自由の確保のためにワンルームマンション経営を始めたきっかけ

① 経済的自由が欲しい
私は自分の仕事に誇りとやる気を持っています。上司の意見に左右されること無く、自分の判断と裁量で仕事に取り組むことが重要且つ大切なことであると思っています。そのためには上司と衝突しても対等に話し合いベストの結論を出すことです。心の中で経済的自由があれば、どんな意見でも言えます。こんな姿勢で仕事に取り組んでいるので、少しは仕事に自信と哲学を持っています。だから、仕事を大好きになるためには経済的自由が必要であると若い頃考えていました。

② 仕事をしながらのベストの投資とは
日本には幸いなことにいろいろな投資方法があります。いろいろ試してみました。
・ 預金
銀行・郵便局へ一度預けたらそのまま利子が付くので仕事をしながらの投資には適していると思いました。昔は利子が高いので預金していましたが、低金利になってからは利益が出ず投資として成立しません。 ・ 外貨、株式、投信、先物商品(金)
これらの商品は買って更に売るという二度の作業がないと利益が確定しません。しかも、変動が激しすぎていつもそのことに着目していなければ損失が出てしまいます。買うタイミング、売るタイミングも大切です。時間の自由が無くなってしまい仕事にも悪影響が出てしまったので諦めました。結局自分に能力がないと思いました。
・ ワンルームマンション経営
一度購入し、業者の方に賃貸管理を任せておけば毎月家賃収入が発生します。マンションを購入するときの手続きが大変ですが、営業の方が仕事の休みの日を選んでくれます。また、こちらの条件を話すとローンのことマンションの場所など面倒な作業もすべてしてくれました。

マンション経営が、経済的自由と自由時間の確保という観点で一番適した投資だと思いました。


マンション経営を実践して気づいたこと

① 気が付いたら19件所有
今、東京都内に新築・中古あわせて19件所有しています。購入するのにハードルが一番高かったのは1件目でした。だまされないかな?地震で、火災で倒壊したら、ローンが払えなくなったら、不安で不安でいっぱいでした。しかし、専門的な知識を持っている業者の方が、万一の時には保険(団体信用生命保険)でカバー、ローンを返済するのは自分ではなく賃借人様だということを教えてくれました。 そして、2件目、3件目と購入するうちに不安から楽しみへと変わりました。

② 所有することの楽しみ
入居していただける楽しみ。
私は木造アパートと鉄骨マンションの両方に住んだことがあります。木造アパートのときは夏暑く冬寒く四季を直接感じ寝食するだけの住居で、あまり家にいたいと感じませんでした。マンションは快適で何となく落ち着きます。休日外に出かけたかった自分が今ではマンション内で過ごすことに変わりました。本当に毎日が楽しいのです。もし、自分がマンションを購入して入居者に同じ体験をしてもらえればとても嬉しいです。入居者が喜んでいる姿を想像するだけでも、社会の役に立てたかなと自己満足しています。
増やす楽しみ
所有戸数が増えると賃料収入も増え、仮に空室が出てもリスク分散になるため不安感は消えます。それ以上に楽しいのが次はどこの物件を買おうか?と想像することです。購入するときは、いつも営業の方に自分の条件(頭金、場所、ローンの金利等)を伝えると営業の方が条件に合った物件を捜してくださいます。さすがプロの情報力は違うなと感心しています。営業の方と仲良くお付き合いさせていただけるのもとても楽しみです。

③ トータルで考えると・・・
マンション経営で重要なことの一つに、家賃収入と売却益のトータルで考えることがあります。クリードさんはその両方を専門としているので、売るタイミングを私サイドで考えてくれると思います。今後も安心してマンション経営が出来ると思っています。これからも宜しくお願いします。そして、私の夢である早期退職の実現に向けて努力します。

2008年8月現在
小学校の教員をされていらっしゃるO様(47歳)に執筆いただきました。
お忙しい中、本当にありがとうございました。